子供を産み、育てるということの大変さと幸せ。

私たち夫婦は結婚をして8年、結婚後2年目に上の子を授かりました。

妊娠中は妊娠中毒症になりかけたりと大変なことも多かったですが、生まれてきてくれた瞬間、そんな大変だったことなんてすべて忘れてしまうほど幸せでしたね!(^^)!

妊娠って男性には絶対に分からない部分で、ママだけが悩んでしまったりとブルーになっちゃうことも・・・

私は妊娠中毒症もありましたが、ひどい便秘にも悩まされていました。お腹に力を入れるのが怖かったっていうのが一番にあったのが私の場合原因でしたね。

乳製品を摂ったり、水分を多くとったりしてもうまく排便ができなくて・・・下剤や軟便剤を飲むのに何となく抵抗があったりして、悩んでいました。その時に、先輩ママが教えてくれたのが、カイテキオリゴっていう便秘に効果的だというオリゴ糖でした。

こちら

このカイテキオリゴを飲むようになってから、無理なく排便をすることができるようになりました。やはり、お腹にあかちゃんがいると薬を飲むことに抵抗があるので、こういった商品でしかも効果がしっかりあるものがあるっていうのは有難かったですね(*^^)v

現在、上が小学生、下が幼稚園の2人の子供を育てている真っ最中ですが、育児をしている中で大変なことは様々です。
子供の可能性を広げるため習い事などもさせてあげたいですし、洋服代などもかかりますし、思い出作りに夏休みなどは家族でお出掛けもしたいとなりますと、金銭的にも大変です。
母である私もアルバイトをしながら子育てをし、節約をしながら頑張っている毎日です。

大変なのはもちろん金銭的なことばかりではなく、兄弟喧嘩は毎日うるさいですし、子供との接し方、叱り方などで悩むときもあります。
子供も1人の人格を持った人間ですので、こちらの思うようにはなかなかいきません。
頭では分かっているのですが、ついイライラとし怒鳴りすぎてしまい反省することも多々あります。

そして、特に幼稚園に子供が通っている間はママ友関係も密ですので、付き合いも大変です。
毎日の幼稚園帰りの公園や、子供が幼稚園に行っている間のお茶やランチの集まり、子供がお弁当がない日は子供を含めてのランチ、夏休みなどは家族でお出掛けの計画…などなどです。色々と気を使うこともありますし、子供同士でもめ事があれば親もぎくしゃくしてしまったりと母親同士の関係にも影響を及ぼすのがママ友ですので、気をつけなければいけません。
しかし、ママ友に助けられたり情報をもらったり、一緒に会話をしていて楽しいひと時だったりと、お互いに感謝の気持ちを持ち、付き合い方を間違えなければ充実した日々を送れることも確かです。

子供のことで大変なことは心配ごとも多々あることです。
学校への行き帰りに事故にあわないか、学校や幼稚園でお友達はいるか、うまく遊べているかも気になります。
誰とも遊ばず1人で遊んだなどと聞くと、それは子供が自ら1人で遊びたいだけなのかもしれないのに、いらぬ心配をしてしまったりしてしまう自分がいます。
病気になると看病なども大変ですし、子供の苦しそうな姿を見ているのが本当に辛いです。
どんなにうるさくても元気なのが一番だなと病気をするたびに思います。

育児をしていての喜びはやはり、子供の成長です。つい最近も、子供が1人でお風呂に入れるようになったことや、おつかいに行ってくれるようになったこと、1人で留守番ができるようになったこと、色々なお手伝いをなんなくしてくれるようになったことなど、だんだん親の手を離れていきだいぶ楽になり、ここまで成長したんだなと子供の成長に目を細めております。